モーターファン別冊ニューモデル速報WEB

ライバル車比較・使い勝手徹底チェック・デザインインタビュー・メカニズム詳密解説・開発ストーリー、そして縮刷カタログまで。1冊でそのクルマのすべてがわかる“最強・最速のクルマバイヤーズガイド誌”

マツダCX-3のすべて|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細1|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細2|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細3|モーターファン別冊 ニューモデル速報

モーターファン別冊ニューモデル速報第511弾
「マツダCX-3のすべて」

本体価格500円+税/2015年3月28日発売

三栄書房で買う Amazonで買う
立ち読み&電子書籍で買う 楽天市場で買う
読者プレゼント

フォトギャラリー/ドライビングインプレッション/雪上インプレッション/400kmロングツーリングレポート/アウトライン/藤原清志常務執行役員インタビュー/開発ストーリー/デザインインタビュー/メカニズム詳密解説/使い勝手徹底チェック/ライバル車比較/前田育男デザイン本部長インタビュー/新デザイン店舗紹介/バイヤーズガイド/アクセサリー&ドレスアップパーツガイド/プレゼントコーナー

■もはやクロスオーバーではない
これまで、スタイリッシュなクロスオーバーカーが登場してきましたが、もはやこのCX-3はその先を行ったモデルだといいます。クロスオーバーの魅力とは、オフロード性能を有したSUVと、それ以外のカテゴリーのモデルを融合したものでした。とりわけクーペ的なスタイリッシュなものが、魅力となっていました。そこにあったのは2つの異なるものを組みあわせることで生まれる、新たな価値観でした。また同時に生まれた違和感も魅力となっていたのです。しかしCX-3ではそれらは、すべて特別のものではなく当然のものとしているのです。
■新たなスタンスから生まれる多くの価値
クロスオーバーとの大きな違いは、2つの異なった価値ではなくそれ以上の大きな価値を備えたところにあります。高い走行性能、スタイリッシュなボデイ、使いやすく、運転しやすいカタチ。乗りやすいパッケージなどなど。クロスオーバーだからといった言い訳をも廃したクルマづくりが、魅力となっています。安全装備も進化し、ディーゼルもラインナップ。全高は1550mmで立体駐車場もOKと、新たなクルマの誕生です。

あなたへのオススメ商品!ライバル車など、関連する商品です|モーターファン別冊 ニューモデル速報