モーターファン別冊ニューモデル速報WEB

ライバル車比較・使い勝手徹底チェック・デザインインタビュー・メカニズム詳密解説・開発ストーリー、そして縮刷カタログまで。1冊でそのクルマのすべてがわかる“最強・最速のクルマバイヤーズガイド誌”

新型オーリスのすべて|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細1|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細2|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細3|モーターファン別冊 ニューモデル速報

モーターファン別冊ニューモデル速報第470弾
「新型オーリスのすべて」

本体価格457円+税/2012年9月12日発売

オーリスが「2代目」となるフルモデル・チェンジを果たしました。最大の特徴は、走って楽しいクルマに進化したことです。全高は55mmも低くなり、重心を下げられたことがその走りのよさを予感させます。また、精悍なフロント&リヤデザインも非常に印象的。これまでにない、鋭い表情が走りを大切にしたクルマであることを主張しています。そんな新型オーリスのすべてをこの雑誌で確認してみてください。

■何とRSは6MTのみの設定!
エンジンは1.5Lと1.8Lが設定されますが、そのなかでも注目なのは1.8Lに設定される、いちばんのスポーティモデルであるRS。スポーツ仕様でもCVTのマニュアルモードで終わらせてしまうモデルが多いなか、なんとオーリスのRSは、6速MTのみ。つまりAT免許では乗ることのできない硬派なモデルなのです。
■リヤサスにはダブルウイッシュボーンも採用
通常、比較的コンパクトなFFモデルは、リヤサスにはトーションビームを用いるのが一般的です。このオーリスも1.5LのFFはトーションビーム式を採用しています。しかし1.8Lには、なんとダブルウイッシュボーン式を採用しています。やはりここでも走りを重視した、開発者の姿勢が見えているのです。

あなたへのオススメ商品!ライバル車など、関連する商品です|モーターファン別冊 ニューモデル速報