モーターファン別冊ニューモデル速報WEB

ライバル車比較・使い勝手徹底チェック・デザインインタビュー・メカニズム詳密解説・開発ストーリー、そして縮刷カタログまで。1冊でそのクルマのすべてがわかる“最強・最速のクルマバイヤーズガイド誌”

新型フォレスターのすべて|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細1|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細2|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細3|モーターファン別冊 ニューモデル速報

モーターファン別冊ニューモデル速報第474弾
「新型フォレスターのすべて」

本体価格457円+税/2012年11月16日発売

1997年に特異なクルマとして登場したのが初代フォレスター。 4WDといえばクロカンかスーパースポーツセダンしかなかったような時代に、背の高いステーションワゴンが、4WDにいきなり250psのパワーを持って登場したのだから、当時は驚きと、正直いって困惑でした。 しかしそれは、今考えればクロスオーバーの走りとなったのです。 そんなフォレスターも4代目となり、もはや定着したブランドに成長しました。 どんな成長ぶりなのか? それをこの本で確認しませんか。

■むしろオフロードにも力をいれたクロスオーバーに
初代フォレスターは全高1580mmと、今考えればそれほど背の高いクルマではありませんでした。ところが登場した1997年当時は、まだまだセダンの全高の常識は1400mmレベルと低いものでした。同年にビークロスやハリアーが登場しますが、それでも乗用車を基本としたクルマとしては、ルーフはかなり高いほうでした。しかし、よりクロスオーバーらしい使い勝手と、スタイルを持つべくフォレスターも進化してきたのです。現在では全高は1695mm。快適な室内空間を保ち、さらにオフロード性能&オンロード性能をともに高めています。
■XVがあったからこそできた、正常進化
フォレスターの進化がどうあるべきか?
北米での好調も受け快適性を重視した方向は、ひとつの大きな要素となっています。しかしながら、クロスオーバーのなかでもスペシャルティ的なエッセンスを持つXVが登場したことで、フォレスターはよりフォレスターらしい存在となることができたのではないでしょうか。快適性はさらに高めながらも、アーバンクルーザーとしての色を抑えることができ、いわゆるラギッドなヘビーデューティさを手中に収めることができたのです。堅牢さとスポーティな側面を合わせもつ、その魅力を確認してみてください。

あなたへのオススメ商品!ライバル車など、関連する商品です|モーターファン別冊 ニューモデル速報

  • モーターファン別冊ニューモデル速報第473弾「新型アウトランダーのすべて」|モーターファン別冊 ニューモデル速報

    モーターファン別冊ニューモデル速報第473弾「新型アウトランダーのすべて」

  • モーターファン別冊ニューモデル速報第463弾「マツダCX-5のすべて」|モーターファン別冊 ニューモデル速報

    モーターファン別冊ニューモデル速報第463弾「マツダCX-5のすべて」

  • モーターファン別冊 インポートシリーズVol.18「レンジローバー・イヴォークのすべて」|モーターファン別冊 ニューモデル速報

    モーターファン別冊 インポートシリーズVol.18「レンジローバー・イヴォークのすべて」

  • モーターファン別冊 統括シリーズVol.40「2012-2013年 国産&輸入SUVのすべて」|モーターファン別冊 ニューモデル速報

    モーターファン別冊 統括シリーズVol.40「2012-2013年 国産&輸入SUVのすべて」

  • モーターファン別冊 歴代シリーズvol.10「歴代レガシィのすべて」|モーターファン別冊 ニューモデル速報

    モーターファン別冊 歴代シリーズvol.10「歴代レガシィのすべて」

  • モーターファン別冊 歴代シリーズvol.8「歴代インプレッサのすべて」|モーターファン別冊 ニューモデル速報

    モーターファン別冊 歴代シリーズvol.8「歴代インプレッサのすべて」