モーターファン別冊ニューモデル速報WEB

これまでのシリーズやカテゴリーに属さないジャンルのムックです。1冊読めばすべてわかるコンセプトで、その時々の興味深いジャンルを統括。“様々な興味に応える特別版すべてシリーズ”

モーターファン別冊 特集シリーズ「トヨタ初代セリカのすべて」|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細1|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細2|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細3|モーターファン別冊 ニューモデル速報

モーターファン別冊 特集シリーズ
「初代セリカのすべて」

本体価格907円+税 2014年6月6日発売

三栄書房で買う Amazonで買う
立ち読み&電子書籍で買う 楽天市場で買う
読者プレゼント

現在のトヨタ車にセリカという名前がなくなって久しいですが、セリカを知る人にとってその名前は特別な存在感を持っています。とりわけ、その存在感の源となっているのが初代セリカです。登場は1970年といいますから、いまから44年前のことになります。しかしこのスタイルはどうですか? わずか4mちょっとの全長と13インチしかないホイールなのですが、実に伸びやかなフォルムが特徴です。初代セリカが発表されると、その注目度は非常に高く、サービスエリアでは質問攻めだったとのこと。かなりの熱狂で迎えられたクルマでもあったのです。

■安さも魅力のひとつ
スタイルのよさも去ることながら、セリカのもうひとつの魅力は価格の安さにありました。当然ながら当時の給料からすれば、日本車もちょっとプレミアムな外車を買うほどの価格ではありました。しかし、ここに初採用したフリーチィスシステムは、実は幅広いユーザーの味方にもなったのです。基本的に何もついていないベース車両を選び、好きな装備を付けてオリジナルのクルマを造ることができるのですが、不要なものはつけなくてもよいという非常に合理的なものでもあったのです。
■より個性的であれ
時代はまさに、何もかもを新しいものに変えてしまおうという勢いがあった1970年。なによりもセリカというクルマは、日本のクルマの価値を大きく変えてしまいました。移動する手段だけでもない、そしてまた速いだけでもない。目に見えるものが機能や性能として歓迎されたモデルとは違い、セリカの価値はなかなか目で見えるものでなかったのです。若者でも手に入れられるリーズナブルさを持ちながらも、トレンドのけん引する高い価値観。この両立は、先行するマスタングが生んだものでしたが、まさにセリカでも実現してみせたのです。

あなたへのオススメ商品!ライバル車など、関連する商品です|モーターファン別冊 ニューモデル速報