モーターファン別冊ニューモデル速報WEB

ミニバン・コンパクトカー・SUV・軽自動車・国産新型車・輸入車など、カテゴリー別にクルマを一堂に集めて徹底的にチェック! 欲しいカテゴリーのクルマを、この1冊で横比較することができます。“クルマ選びはこれで決まり”

プレミアムセダンのすべて|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細1|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細2|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細3|モーターファン別冊 ニューモデル速報

モーターファン別冊 統括シリーズ
Vol.43「プレミアムセダンのすべて」

本体価格648円+税 2012年11月8日発売

ダウンサイジングが進むなかで、実は再注目されつつあるのがセダンなのです。
エンジンや、クルマのサイズを小さくする流れがひとつのダウンサイジングの典型となっていますが、クルマに必要なものを考え直す、ということも重要なポイントとなってくるようです。
つまり、ミニバンのブームもそれほど大きいミニバンが本当に必要だったのか? ということが再検討されたわけですが、自分のライフスタイルに必要なサイズ、移動の機敏さや落ち着き具合を考えたときに、セダンという存在を見逃しがちになっていた事に気がつくはずです。
本誌ではそんな、より「今、現在の自分に必要なもの」という観点でセダンを見てみてどうでしょうか。

■カローラvsサニー、そして国民車構想の真実がここに!
カローラとサニーが生まれたのは、1966年。それも最初に登場したのはサニーでした。1000ccだったサニーに対してカローラは急遽1100ccで登場。ここからカローラとサニーの戦いははじまったのです。60年代のうちにはともにフルモデルチェンジは行なわれませんでしたが、バリエーション拡大など様々な応酬戦が繰り広げられました。
また、注目なのはそれ以前に登場したより小さなモデルと国民車構想との関係です。いかに大衆車が生まれてきたのか、そのあたりも追取材を実施して掲載しています。
■魅惑のベンツ&BMWもかなり身近に
400万円を切るメルセデス・ベンツCクラスに対して、BMW320iは439万円から、そしてアウディA4は440万円から。
まだまだやや高めではありますが、レクサスIS250が398万円から、スカイラインの一般的な装備を持つ250GTが329.7万円からということを考えると輸入車と国産車の開きもあまりなくなってきました。
本誌では、このあたりをスタートラインとして、プライベートで気軽に乗れるプレミアムセダンを集めてみました。
■基本のセダンをゆっくり堪能
主な掲載車種は以下のとおりです。
 メルセデス・ベンツCクラス/BMW3シリーズ/アウディA4/フォルクスワーゲン・パサート/プジョー508/ボルボS60/キャディラックCTS/シトロエンDS5/フォルクスワーゲンCC/レクサスIS/日産スカイライン

あなたへのオススメ商品!ライバル車など、関連する商品です|モーターファン別冊 ニューモデル速報