モーターファン別冊ニューモデル速報WEB

ニューモデル速報の輸入車版。ライバル車比較やドライビング・インプレッション、使い勝手チェック、メカニズム詳密解説、縮刷カタログまで。“1冊の中にその輸入車のすべてが凝縮”

モーターファン別冊 インポートシリーズVol.35「ルーテシア ルノー・スポールのすべて」|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細1|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細2|モーターファン別冊 ニューモデル速報
  • 詳細3|モーターファン別冊 ニューモデル速報

モーターファン別冊 インポートシリーズ
Vol.35「ルーテシア ルノー・スポールのすべて」

本体価格1,143円+税 2013年11月15日発売

ルノー・ルーテシア ルノー・スポール(R.S.)の登場を機にまとめられた1冊。ルーテシアR.S.ばかりでなく、直近のルノー・スポールの情報を満載しています。海外試乗に加えて、日本ではライバル試乗を展開するなど、ワールドワイドに取材を行なったのがこの本の特徴です。とりわけルーテシアR.S.の魅力にどっぷりと漬かってみてください。

■なんとミハエル・クルムのスペシャル試乗レポート
レーシング・ドライバーのミハエル・クルムから見て、ルーテシアR.S.はどのうに映るのか? かなりハードに攻めたようですが、そのレポートをじっくりと収めています。このミハエル・クルムとはドイツで生まれて、フォーミュラ・フォードからはじまり、フォーミュラオペル・ロータス、全日本F3、JTCC、JGTCとスーパーGTと参戦しているレーシング・ドライバーです。また2011年には、欧州で開催のFIA-GT1でGT-Rを駆りチャンピオンを獲得しているトップドライバーの一人。
■フランス車のプレゼンスとルノーの哲学
このところ、欧州のクルマにはナショナリズムが失われつつありました。ラテンのクルマも、どこかドイツ車にならうようなテイストになりかけましたが、もはや過去の話になろうとしています。ルーテシアR.S.もそんな1台。明らかにルノーらしさを強く感じるモデルとなっています。ここでは、ライバルとしてプジョー208GTi、そしてアルファロメオ・ミトを連れ出していますが、どれもそのメーカーらしい異なる魅力に溢れています。さて、そんななかルーテシアR.S.とはどんなクルマとして捉えられたのでしょうか。

あなたへのオススメ商品!ライバル車など、関連する商品です|モーターファン別冊 ニューモデル速報

  • モーターファン別冊 統括シリーズVol.54「2014年コンパクトカーのすべて」|モーターファン別冊 ニューモデル速報

    モーターファン別冊 統括シリーズVol.54「2014年コンパクトカーのすべて」

  • モーターファン別冊 統括シリーズVol.55「プレミアムコンパクトカーのすべて」|モーターファン別冊 ニューモデル速報

    モーターファン別冊 統括シリーズVol.55「プレミアムコンパクトカーのすべて」

  • モーターファン別冊 インポートシリーズVol.34「ルノー・ルーテシアのすべて」|モーターファン別冊 ニューモデル速報

    モーターファン別冊 インポートシリーズVol.34「ルノー・ルーテシアのすべて」

  • モーターファン別冊 インポートシリーズVol.32「ルノー・カングーのすべて」|モーターファン別冊 ニューモデル速報

    モーターファン別冊 インポートシリーズVol.32「ルノー・カングーのすべて」

  • モーターファン別冊 インポートシリーズVol.29「フォルクスワーゲン ゴルフのすべて」|モーターファン別冊 ニューモデル速報

    モーターファン別冊 インポートシリーズVol.29「フォルクスワーゲン ゴルフのすべて」

  • モーターファン別冊 インポートシリーズVol.28「MINIのすべて」|モーターファン別冊 ニューモデル速報

    モーターファン別冊 インポートシリーズVol.28「MINIのすべて」